人に関すること | あいまいらいふ

Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Archives
Categories
Recommend
リーサのハロウィーン
リーサのハロウィーン (JUGEMレビュー »)
作:まちやま さき 絵:藤本 タクヤ
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)
〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
宇野 重規
本好きな上司のお勧め本

まだちゃんと読んでないけど
おもしろそうだよん
Recommend
橋はかかる
橋はかかる (JUGEMレビュー »)
村崎 太郎,栗原 美和子
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
あなたの天職がわかる16の性格
あなたの天職がわかる16の性格 (JUGEMレビュー »)
ポール D.ティーガー,バーバラ・バロン
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お裾わけいたします
 時々転載させていただいている

心理療法作家 矢野惣一さんのメルマガから


1.枕と毛布を用意してください。
枕がないかたは、服などを丸めたものでも構いません。
毛布がないかたは、なにか体を包むことができるもので構いません。

 



2.枕を抱えて、毛布にくるまってください。

横になっても、立っていても構いません。

 


3.枕を 悲しんでいる、不安がっている 子ども時代のあなただと思って、

抱きしめてあげてください。

 


ご家族や友人の安否が不明でご心配されている方は、

枕をその人だと思って、抱きしめてください。

 


母親が赤ん坊をあやすように、背中を優しくたたいてあげてもいいです。

 


「大丈夫、わたしがついているよ」

と、その子に向かって言ってあげてください。

 


涙が出てきたら、自然にまかせて、泣いてください。

 



4.あなたを包んでいる毛布の感触に意識を集中してみてください。


あなたのお母さん、お父さんなど、あなたが一緒にいて安心できる人、
あなたを守ってくれる人に包まれていると思ってみてください。

 


あるいは、神や自然など、あなたを包み守ってくれる大きな存在だと思ってください。

その大きな存在に、あなたは完全に守られています。

 


その大きな存在に言いましょう。

「いつも わたしを守ってくれて、ありがとうございます」

 


ご家族や友人の安否が不明でご心配されている方は、

その人をあなたが守り、
さらに、その人と、その人を守っているあなたを
大いなる存在が守ってくれていると想像してみてください。




余裕があったらぜひ実行してみてくださいね。
| 人に関すること | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
信じられない。。。
私のブログを悪意をもって見続ける
執念深い人もいるようだけど


更にもっと恐い人もいるのだと
そういう話を聞いた


なんで、もっと大人になれないかなぁ
なんでもっと心を広くもてないかなぁ




お花畑や



蓮の花

見て感動しないかなぁ




こんなのや



こんにゃのや


じゃなかったわ
こんなのを見て

ほほがゆるんだりしないのかしらぁ。。。


少しでいいから
心に余裕をもってほしい

少しでいいから
慈愛の心をもってほしい


その方たちにも
沢山の愛が降り注がれ
幸せになりますように
| 人に関すること | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
凄すぎる
 

今日、マリッジカウンセラーの特別講義のあと

参加者で懇親会がありました


その席で
28歳年下の人から交際を申し込まれている

というお話がでました


はい、男性が28歳年下なんだそうです

女性の年齢はお聞きしませんでしたが
この歳の差から考えるに
熟女ですよね


実は男性の写真を見せていただき
「きゃー、イケメン」と言ってしまいました


女性は確かに知的な感じの方でしたが
俗にいう「イイ女」系の方ではなく
本当に普通の方


男女の恋愛は
本当にカップルごとに違うんだなぁと
つくづく感じさせられた日でした



彼女はお付き合いするのかなー?

| 人に関すること | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
思いはそのまま表れる


自分の思いが自分の人生を決めていく
私はそう思っています。

もちろん、いいことであればいいのだけれど
私は不幸だ、とか
私は何かにとりつかれている、とか
私は運がよくない、とか 
そんなこと思わないでほしいのです

冷静になって考えてみてほしいのです
いろんなことを思った瞬間に
実はその方向に自分自身が矛先を向けてしまっているのだということを

そう思ったら
そのように動き始めてしまうのですよ

だから
できるだけいい方向に物事を考えましょう
考えてもそれが実現するかどうかはわかりません

そうしたら
またやりなおせばいいのですよ


人生は何度でも死ぬまで
やり直せます、絶対に


いつも明るい笑いの中にいる自分を感じていてほしいのです
そうしたら自然と幸せを感じてくるんです

| 人に関すること | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の感激したできごと

風の便りによれば




あなたは変わりなく過ごしていますか

大切なものを失っていませんか

大変な思いをしていたんですね




いつか全てがいい思い出と変わりますように
全ての人にとって

| 人に関すること | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
褒めることの重要さ
日本人って、元来照れ屋ですよね。

だから他人から褒められると、くすぐったいというか
そんなことないわよぉ〜」なんて否定しちゃう。


でも、本当に心のそこからそう思って褒めてくれているんだと思ったら
ありがとう」って言ってみましょうね。

褒めた人が
言ってよかった」と思えるように。 





褒めるということは
相手の存在価値を認めることです

だから褒められた人は
素直に喜んでいいのですよ


褒め上手の人は
相手の長所を見つけるのが上手な人ですよね


さて
私はどれだけの褒め言葉を持って使っているだろうか

考えてみなくちゃ


どんどん私のこと褒めてください
舞い上がっちゃいますけど
すごく嬉しいですから
| 人に関すること | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
世の中いろんな人がいるものです
 今日の授業の中で

一人の受講者の婚活を聞いたのですが
そりゃあ、凄かった。

半端ではないエネルギーをもって
婚活を4年の間されたそうです。


ええ、今はお嬢さんを授かって
そりゃあ、幸せな結婚生活を送っているんですって。


そんなに真剣に
そんなにパワーやエネルギーをもって
事に対処したことがない私にとっては
目が覚めるはなしでしたよ。


生きていくうえで、そういうことがあるんだなぁ、と
しみじみ感じさせられました。


ある意味

私が生きてきた世界とは全く違う世界


こういう経験させてもらえて
幸せかも



| 人に関すること | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
本当のところは


このところ
つい心理学的な発想をしていなかったことが多かったな

人のことはともかく
自分のことは特にそうだったな


おなじみ心理療法作家 矢野惣一 さんのメルマガから
まるで私に復習するように、というかのようにあった記事から抜粋です


*************************************

,覆砲が起きた時
どうして悪くなってしまったのか?
 という 原因ではなくて、

どうすれば、良くなるのか?
という 方法論 だけでもなく、

何を分かってもらいたいのか?
どうなりたいと思っているのか?
   
という、人の 想い にフォーカスすること



怒りが発生したとき(怒りは二次的な感情と言われている)

怒り の奥には、悲しみ があります。


悲しみは、何か大切なものを失ったときの感情です。
失ったものがあまりに大きいと、
人は生きる力まで失ってしまうことがあります。


けれど

悲しみに寄り添ってもらえた時
人は失ったものよりも大きなものを
自分の中に生み出すことができるのです



そして、悲しみ の奥には 欲求 が隠されています。


本当は、こうしてほしいのに、してもらえなかった
本当は、こうしたかったのに、できなかった


そうした 欲求 がかなえられなかった時に、人は怒りを感じます。



ですから、怒り を鎮めるには、
まず、怒りの奥にある 悲しみ に寄り添います。
そして、そのまた奥に隠れている 欲求 に気づくように誘導します。


悲しみ欲求
それが、苦しんでいる人の 本当の想い なのです。
そして、それが問題の 本質 です。


************************************

そういえば、今年の春から夏にかけて
プライベートな部分で
イライラしていたことがありました


今思えば、欲求 → 悲しみ → イライラ(怒り)
だったように思います。


怒りをぶつけられた相手はたまったものじゃありませんよね。
一体なにがどうなっているのか。。。。

まっ、私の場合、人に八つ当たりはしませんけどね。
私の場合は溜めこむからなぁ。。。


なるほど、自分を例えてみるとよくわかります。


| 人に関すること | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
変わろうよ
 

自分が幸せでないと
確かに人のことは幸せにはできません


お金がなければ
好きな人にプレゼントも買えません
一緒にどこかにでかけることもできません


豊かな心をもたなければ
人に対して優しくはできないでしょう



でも、でも、です。。。
そうやっていつまでも自分のことだけ考えていてもいいとは
思えないのです

確かに幸せの価値観は人によって違います
それはお互いに認め合わないとね

が、いつまでも自分の幸せだけを追い求めていては
いつ人の幸せを願うんでしょうか


ある経営者の人は
いつまでたっても
自分の幸せだけを求めているらしいです

そんなに沢山の人を幸せにしなくてもいいのです
せめて、大切な人だけでも
幸せになれるように心配りをしてあげてほしい
そう思うのです


あっ。。。。
自分自身を大切にしてないんだ
心のどこかで自分を認めてないんだ
だから富や栄誉で自分を飾ろうとしている


ふー
それでは大事な人を幸せにはできないなぁー




私が知っていた
その人は
本当はとっても優しい人だったんですよ
茶目っけもあってね

いつから孤独になったんだろう。。。






| 人に関すること | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
男と女は。。。



 すみません、私は恋愛事情には疎いです
(先に言っとこう)


まっ、たまにはこんなブログもね


ある人のブログにこんなことが書いてありました


甘えてほしいオトコと甘えられないオンナ

あはっ                 ↑
ここにヒットしちゃったんだ、私は


じゃなくて、ですね

男性のほとんどは
女性に甘えてもらうと安心や安定感をうまく得ることができる

らしい
私は女性だから男性心理はよくわからんけどね


まっ、だから世の中の女性の方々
適度に男性に甘えてみてくださいな

過度にやりすぎると
「うざい」とか「面倒なやつ」になってしまいますからね
まあ加減が必要ってことかしら
あら、難しそう


そしてね、
もう1つ大事なこと

男性もやっぱり女性に甘えたいってこと

男性の方が女性に甘えたい心理は
ほぼ子供が母親に甘えたい心理と同じらしいですよ

あらら、この甘えんぼさん


あー、この記事
絶対に男性にブーイングだろうな


まっ、でもいっか
私だから許してもらおっと(意味不明)


まー、私の場合ほぼ甘えません(すごい断言の仕方)
甘えの手前の頼ることもあまりしません(おいおい)

だいたい男性より力が強かったりしますから(どんな人?)
重いものを動かしちゃったりもしますし

「この荷物重たいからもってぇ〜ん」とも言いません。
それに私が言ったら、絶対に男性はヒクと思います。


だから、今まで付き合ってきた人、ごめんね、甘えなくて。
あなたを信頼していなかったわけではありません。
甘えは苦手なのですぅ。

そしてこれからもし私を好きになる可能性がある方へ
(このブログ見ているとは限らないか)
私に甘えてもいいですけど
私が甘えるのはあまり期待しないでください。


そういうことができていたら
私はとっくに結婚して3人くらい子ども産んでますから
(いや、それは無理だわね)


って、なんだか自己反省のブログになってしまった



追記
そういえば、私の身近に超甘えん坊さんがいました
今も私の膝の上にいますわ

この男子、私の弱点よく知っいて
まず、足にタッチ、次に下から大きな目でジーッと見上げる
伸びをして、「登るよ」と見つめる
そしてサッと登ってくる

いやぁ、こういう甘え方されたら
もうメロメロです


ということで
私の中ではアレックスに勝てる男性は
ほぼいない、ということに近いのです


| 人に関すること | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/11PAGES | >>