文化・芸術 | あいまいらいふ

Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Archives
Categories
Recommend
リーサのハロウィーン
リーサのハロウィーン (JUGEMレビュー »)
作:まちやま さき 絵:藤本 タクヤ
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書)
〈私〉時代のデモクラシー (岩波新書) (JUGEMレビュー »)
宇野 重規
本好きな上司のお勧め本

まだちゃんと読んでないけど
おもしろそうだよん
Recommend
橋はかかる
橋はかかる (JUGEMレビュー »)
村崎 太郎,栗原 美和子
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
マスターの教え
マスターの教え (JUGEMレビュー »)
ジョン マクドナルド
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
あなたの天職がわかる16の性格
あなたの天職がわかる16の性格 (JUGEMレビュー »)
ポール D.ティーガー,バーバラ・バロン
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
教会のパイプオルガン演奏会のお知らせ

 唐突ですが、5月29日(日)にパイプオルガン演奏会が

私の通っている教会にてあります。

別にクリスチャンじゃなくてもどなたでも聞きに行けるので

パイプオルガンに興味のある方はぜひどうぞ。

ちなみに私は受付しております



教会のパイプオルガンです


日時:5月29日(日) 14:00開演(13:30開場)
場所:富士見町教会 3階大礼拝堂 
    〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-38
    電話:03-3261-0633
交通機関:JR、地下鉄 「飯田橋」下車

*入場料無料、 自由献金

演奏者:廣野嗣雄

演奏曲
「ドイツ音楽の系譜」

D.ブクステフーデ(1637-1707)
プレルディウム ホ長調 BuxWV141 

J. S. バッハ(1685-1750)
トッカータとフーガ ニ短調(ドリア調) BWV538

M. レーガー(1873-1916)
「目覚めよと呼ぶ声あり」による幻想曲 op. 52/2ほか

 

<廣野嗣雄プロフィール>
東京芸術大学オルガン科卒業。 1966-69年ドイツのヴェストファーレン教会音楽大学に留学。オルガン,即興演奏、合唱指揮法を学び、教会音楽家(カントール)の資格を得る。

H. フォーゲル主宰の「北ドイツ・オルガンアカデミー」で歴史的奏法を研究。国内のソロ活動のほか、NHK等の放送に幅広く出演。国内主要オーケストラとも共演、またバロック音楽の通奏低音奏者としても活躍。

海外ではドイツ、フランス、イタリア、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、韓国等で演奏し好評を博す。

武蔵野市、トゥールーズ(フランス)、ダラス(アメリカ)での国際オルガンコンクールの審査委員をつとめる。

池辺晋一郎作曲「ダイモルフィズム(同質二像)〜オルガンとオーケストラのために」初演でNHK交響楽団と共演し1975年芸術祭優秀賞を受賞。

大阪音楽大学、相愛大学、上野学園大学、東京藝術大学で後進の指導にあたった。東京芸術大学名誉教授。日本基督教団本所緑星教会オルガニスト。

 

| 文化・芸術 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
奈良といえば
100515_1519~01.jpg

鹿でしょう
| 文化・芸術 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽家の誕生日
今日はショパンの誕生日だそうです。


3月は音楽家の誕生日が結構ありますねー。


1日  → ショパン
4日  → ヴィヴァルディ
7日  → ラヴェル
14日 → テレマン
21日 → バッハ
31日 → ハイドン
 

へぇぇ〜


私の大好きなバッハも3月生まれとは。。。


なんだかCD聞きたくなっちゃいました。
聞こうっと。
| 文化・芸術 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
芝居のお知らせ
前記した文学座付属研究所時代の友人

つうか、親友なんだけど

2月下旬に神楽坂の「シアター・イワト」という劇場で
芝居を上演します。


2月24日(水)〜2月28日(日) 


龍昇企画公演
「納屋の中の戀」


詳細は

   ↓


http://www.ryusyokikaku.com/whatsnew/index.html
| 文化・芸術 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
同窓会
同窓会といっても学校のではありません


私は昔、女優(って、おおげさ)とういうか、
役者だったので。

一番最初、芝居の基本をつくっていただいた
文学座付属演劇研究所の同窓会です。


が、ただの同窓会ではなぁ〜い。

なんと研究所開設50周年記念の大同窓なんだって。



まあ、お芝居に全く興味のない方
ご縁のない方にはなんのこっちゃ、ですが


なんだかめでたいことなので
だって、50周年って、1/2世紀ですよー


だから、この大同窓会の呼びかけ人も
名だたる俳優さんたちが多いのです
(彼ら彼女たちもここの研究所の卒業生です)


例えば   (敬称略)
橋爪功  樹木希林  黒柳徹子 原田大二郎  市毛良枝  滝田栄
桃井かおり  阿川泰子  内藤剛志  田中裕子 
などなど (皆さん大先輩ぃ〜)





http://ameblo.jp/bungakuzakenkyujyo50/


ただし、この同窓会は研究所の卒業生を対象としているので
一般のお客さまは入れません。
(当たり前かぁ)

| 文化・芸術 | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
天狗
090921_1020~01.jpg

に遭遇。

JR高尾駅のホームに。

いい顔してます。

| 文化・芸術 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゆかた


夏になるとやっぱり、ゆかた、って感じかしら。

そんなこと言っても、 随分着てないとは思うけどね。

昔から比べたら、今はいろんなゆかたがあるのよね。
日本古来のもの、というより、洋服の延長みたいな部分で、若い女子には人気らしいし。

着物から比べたら、着方も簡単だし、デートにもうってつけかも(いつもと違う自分を表現できるからね)


今年は久し振りに浴衣着てみようかなー。

って、どこに着ていくんじゃい。
仕事場にかぁ?
| 文化・芸術 | 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
DVD
レンタルしたままのDVDが2枚。 
「ザ・マジックアワー」と「20世紀少年 第一章 終わりの始まり」

ずーっと前にリクエストしていて、今頃来たのでした。

うー、観る時間なくて1週間放置していた。(^_^;)

観るかこれから。。。
| 文化・芸術 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
仏像を盗むって。。。
新聞記事に載っていたんだけど、近年仏像の盗難がけっこうあるらしい。

昨年友人と行った京都の東寺でも、昨年末に境内に安置されていた不動明王像が盗まれたんだって。 

お寺の監視カメラの映像を確認したら、午後1時40分頃に布で覆った大きな包みを持った人の姿が写っていたらしい。真昼間からぁ?
盲点を付かれた感じよね。
まさか昼間っからなんて思わないものね。

この仏像は国宝などの文化財指定は受けてないらしいけど、罰当たりなー。

こういう文化財って、転売が繰り返されるから、追跡が難しいんだって。
そして、盗んだ人本人が観賞用に手元に置くことも多いんだって。
だから発見は難しいって。

でもさぁ、貴重な国の遺産なんだから、個人で楽しみたい気持ち優先より、多くの人に楽しんでもらおうよ。
| 文化・芸術 | 12:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
京都・奈良
 京都・奈良の続き。

法華寺奈良の法華寺。
光明皇后が建てた総国分尼寺。

本当は法華寺本尊十一面観音像を見たかったけど、特別御開扉時期でないと拝観できないのです。見たかったなー。

一緒に行った友人が帰ってきてから風邪をひきダウンしてます。
先週末は寒かったもんなー。
| 文化・芸術 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>